Amebaブログはこちら

アラフォー婚活男性のお悩み(自営業)

アラフォー婚活男性のお悩み(自営業)

みなさんこんにちは仲人LEOです。さて今回は自営業をしている男性からのご相談です。

もともと30歳くらいまで会社員をしていましたが、家業の経営が少し心配になってきたので継ぐことになりました。しかし家業が回復するまでには相当の時間がかかり8年かけてやっと経営の方も落ち着いてきました。

この9年間は恋人もつくらず、がむしゃらに頑張ってきたとのこと。気づけば今の年齢になっていたそうです。最近やっと自分の時間を持てる余裕が出てきたので、そこで婚活をスタート。

彼がお相手に求めていることはズバリ「できれば将来は一緒になって自分の会社を切り盛りしてほしい。家族経営ですが、それが婚活女性にとってはなかなか重たいみたいです。結婚してから自分の親と同居するかは、まだ分かりませんが、その辺りもじっくりお話できる婚活女性が希望です」

との事でした。

この男性はLEOからみても清潔感があり、とても優しそうな男性です。なぜなら服装しかり、外見的なところにそれなりの気遣いができておられました。また話し方もとってもハキハキされてて好印象です◎。

ただアラフォーまでそれこそ必死になって家業を頑張ってこられたので、そろそろ年齢的にも結婚を前提としたお付き合いをした方が良いと言えますよね。

しかし女性からすると、この「将来は一緒に切り盛りしてほしい」の言葉が少し気にかかるのでしょうか?

ここで少し意識して欲しいのですが、婚活男性は焦るばかりに自分の状況を自分からお話してしまう人が多いです。そしてそれに対して直ぐにyes、noが欲しいですよね。なかなか分からなくもないですが、聞かれたら答える感じで僕は良いと思います。なぜなら婚活女性の、その女性にとって「本当に必要な情報か?」ということです。

もちろん結婚後のことをお互いに確認したいのは山々です。しかしセミナーなどでも言っていますが、いくら婚活といえどもまずは、その中でしっかり恋愛して欲しいということです。

女性から好かれないことには、なかなか自分の要望も受け入れて貰えないことが本当に多いです。

お見合いならそこはある程度プロフィールに提示してあるので、お見合いができたらマッチングする確率は上がると思います。しかしパーティーやその他の婚活では逆にハードルが上がってしまうこともあるようです。

お見合いになぜプロフィールがあるかと言うとこれは「合理的に婚活をすすめていく」の一点につきます。※といえども婚活女性は恋愛をしたいのでそこはお忘れなく。

それこそ昔のように「モテない人が結婚相談所を利用する」という時代は終わりました。パーティーやアプリももちろん良いですがLEOの立場からすると、自分の状況がハードな人ほどお見合いを推奨します。(環境がハードという意味です。↑の家業を一緒に切り盛りするという意味などにおいて……)

そして女性の場合は公務員や安定した会社員を好む人が、まだまだ多いですが、この思考はあまり宜しくないです。なぜならこれからの世の中に安定という概念はなくなっていくでしょう。今回のコロナにしても、なんにしてもそうです。変な話、安定したお勤めをしている男性と結婚しても、その男性の会社は本当に潰れないといえるでしょうか?

それに良い会社ほどブラック化していることはご存知ですか?ここで詳しくは言いませんが、何れにしても安定願望思考はなるべく押さえた方が無難です。公務員だってしかりです。年々公務員から起業する人も増えているくらいなので、旦那が「よし!起業するけどいいかな?」なんて言ってきたらどうでしょう?笑 しかし今の時代です。100%ないとも言えません。だから安定感願望思考はなるべく排除した方が、精神的リスクも分配されて逆に良いかもしれません。

以上を踏まえてですが、最終的に結婚の決め手となるのは殆んどが人で決まってきます。各々の環境は気になるのは当然ですが、最終的には人。↑のアラフォー婚活男性においては交際はもちろん結婚後も「奥さんの視点に立って生活していく」というこの思いやりにつきます。そしてその優しい人柄をいかにアピールできるか?自分の状況を始めにお話していくなら余計に必要な振る舞いになってきます。「僕が命にかけても守っていく」とは少し言い過ぎですが女性はそこを最終的に見ていると思いますよ。

 

今日も最後までありがとう御座いました。LEO

仲人LEOの公式アカウントはこちら

https://lin.ee/zSVaGTr